法律の事なら総合法律ナビ

総合法律ナビ > 国際法と国内法

国際法と国内法

国内法は、基本的に国内最高法規としての憲法を根拠とし、それに反しないように制定される。また、法の強制力(命令・行政処分・刑罰等)を有し、国家機関などによって執行される。

これに対し、国際法の効力は、原則として、関係国家による同意を根拠にしており、また直接的な強制力を持つ一般的機関は、人権と基本的自由の保護のための条約の規定により設置された欧州人権裁判所を除いて存在しない。国際法は対話と同意が基本原則のため、一般の持つ法(=国内法)というイメージから乖離する部分があり、両者の関係を理解する場合は注意が必要である。

(引用:Wikipedia)