法律の事なら総合法律ナビ

総合法律ナビ > 法律事務所とは

法律事務所とは

法律事務所(ほうりつじむしょ、英: law firm)は、通常は、1人または複数の弁護士から構成される法律事務を業として行うための事業体を指し、また、法令用語としては、「弁護士の事務所」(弁護士法第20条1項。ここでいう「弁護士」とは日本法上の弁護士を指す。)をいい、事業を行う場そのものを指す。以下、便宜のため、前者の意味では弁護士事務所の語を用い、後者の意味では法律事務所の語を用いる。

概要

多くの弁護士は、所属する弁護士事務所において法律事務を遂行する。その他には、官公庁や企業の内部において法律事務を遂行する場合(インハウスロイヤー)がある。 弁護士事務所の規模は様々であり、1人の弁護士からのみ構成されることもあれば(ただし、弁護士とは別に事務員もいるのが通常である。)、世界各国に事務所を有し、さまざまな法域の数千人の弁護士を抱えるような規模のものまである。大規模な法律事務所は「ロー・ファーム」と呼ばれることもある。また、自宅において法律事務を遂行する弁護士は、「宅弁」と呼ばれる。

(引用:Wikipedia)